冷蔵庫配送

冷蔵庫を配送する1番簡単な方法

冷蔵庫配送

冷蔵庫配達

冷蔵庫輸送

冷蔵庫郵送

冷蔵庫送る

 

大きくて重い冷蔵庫の配送は、重労働です。

 

冷蔵庫を運んでくれそうな業者は、宅配業者、引越し業者、便利屋などが考えられます。

 

出来るだけ安く配送したいとお思いなら、ライバルの多い引越し業者がおすすめです。

 

業者の数が少ないと、価格競争が起きず費用が割高になります。

 

引越し業者は一括見積もりも出来ますので、相場や1番安い会社を探すことが出来るのです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

引越し業者には、冷蔵庫だけを運んで欲しいという依頼が少なくありません。

 

それだけ、冷蔵庫は運びにくいということですね。

 

引越し業者には、大型の家財だけを運んでもらうというサービスがあります。

 

ぜひお気軽にご利用くださいね。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

冷蔵庫の配送と引越しの相場

 

冷蔵庫配送時期

 

引越しには繁忙期と通常期があります。
繁忙期は1年のうちで最も引越し業者が忙しい時期なので、冷蔵庫だけを配送したい場合も費用が通常期よりも高くなります。

 

繁忙期とはいわゆる3月前後のことで、大学生の合格発表が2月でそれから4月の新学期までに一人暮らしや寮に入るために引越しをする人が多い時期なのです。
ほかにも新社会人になるために地方から上京してくる人、春の人事異動で転勤してきたサラリーマンファミリーと、とにかく引越しする人が多いのです。

 

もしできるならこの時期の引越しは避けた方が無難です。
業者を探すのも大変ですし、費用も高いので、できれば他の月にしたほうがいいと思います。

 

どうしても繁忙期に引越しするのであれば、スピードが大切です。
まだ大丈夫・・・と契約を先延ばししていると予約がいっぱいになってしまい契約ができなくなることがあるのです。

 

そんな時期ですから早めに動いて、少しでもお得に引越ししてくださいね。

 

 

引越しの手順を知っておこう

 

引越し 手順

 

引越しの手順を知っておくと、だいぶ気分が楽になります。
おおまかな手順を確認しておいてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しといえば引越し業者を決めることが大事ですが、引越し費用は新居の物件にエレベーターがあるのかないのかによっても金額が変わります。
ですから、新居が決まらないと正確な見積もりが出せません。
引越し業者への見積もりは、新居が決定したらすぐがオススメです。

 

そして引越し料金は荷物の量に比例して値段が変わります。
荷物が多ければそれだけ大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となりますから、費用が当然高くなるのです。
不用品はどんどん処分して、荷物を減らして使わないものから梱包していきましょう。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場で転出届を提出しておきましょう。
引越しの2週間前から提出することができます。
これを出し忘れると提出しに戻ったり、連絡して郵送してもらって送り返すなどの手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらいましょう。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話連絡を。
同一市内の引越しなら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してもらいましょう。

 

郵便物が届かなくなるのは不便ですね。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この1年間に引越ししましたという連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしておきましょう。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして、あなたは家具た家電の配置を指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いておくと便利です。
貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運んだ方が安心です。
これらは破損して保険を使ってもお金で解決できるものではありませんので、大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら転居届を市外引越しなた転入届を提出しましょう。
これで選挙のお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになります。
忘れないうちに行ってください。

 

 

引越しの訪問見積もり

 

冷蔵庫配送訪問見積もり

 

引越しの際に見積もりを取りますが、やはり正確な料金を知りたいのであれば訪問見積もりがオススメです。
なぜなら引越しの費用はいろいろな要素が組み合わされているので、一人暮らしの引越し●●万円だとか家族の引越し〇〇万円といった価格表示ができないのです。
それもそのはず、物件の廊下の幅やエレベーターの有無、トラックを横付けできる場所などは実際に見てみないと分からないからです。
ネットで見積もりは簡単で便利なのですが、当日になって困ることもありますので出来れば訪問見積もりを予定しておくといいです。

 

冷蔵庫や洗濯機などの大きな家電は、場合によっては廊下や玄関から運び出せないことがあります。
そんなときはベランダから吊り上げたり、クレーンを用意しなければなりません。
前もって予定していると当日スムーズなのと、追加費用がかかったなどのトラブルも少ないです。

 

わざわざ来てもらうのは申し訳ないとか、部屋を掃除しないといけないので面倒とかいろいろあると思いますが、訪問見積もりで引越しトラブルが減らせるならいいと思いませんか?

 

 

引越しと挨拶

 

引越しのあいさつ

 

引越ししたらご近所へ挨拶をしましょう。

 

では引越しの挨拶はどこまで行けばいいのでしょうか?
マンションやアパートならば、上下左右の部屋の方に挨拶に行くのが一般的です。
集合住宅では生活音が案外気になりますので、挨拶をしておきましょう。
大家さんや管理人さんが近くにいる場合はそちらにもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言いますが聞いたことはありますか?
自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒にはご挨拶しておこうというものです。

 

一軒家はマンションのように住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制になっているかと思います。
自治会長さんにもご挨拶してゴミのルールなどを聞いておくと安心ですね。

 

戸建て、とくにマイホームは、ご近所トラブルを避けたいものです。

 

もちろん挨拶だけという方もいますが、初対面相手なので簡単な粗品があったほうが行きやすいかと思います。
粗品は500〜1000円程度のものが良いです。
高級なものだと反って相手が気を使ってしまいます。
どのようなものを用意するかは人それぞれですが、洗剤やタオル、ラップなどの実用品からお茶、コーヒー、クッキーなどのお菓子などが多いようです。

 

挨拶はできれば引越し日までに、遅くても翌日までには行きましょう。

 

 

冷蔵庫を運ぶ 宅急便冷蔵庫 宅急便料金冷蔵庫